神経系疾患(脊髄損傷、末端神経損傷など) ◆ 札幌医科大学  ◆ 広島大学  ◆ 関西医科大学 ◆ 大阪大学  ◆ ジェロン社( アメリカ)  ◆ 聖マリアンナ医科大学 ◆ 名古屋大学(歯髄由来) ◆ 京都府立医科大学

【神経系疾患の現状と細胞治療の可能性】
交通事故やスポーツ事故、高所からの転落事故などで脊髄を損傷し、運動まひなどの後遺症に苦しむ
患者は全国で年間約 5000 人が新たに発生するといわれています。現状では有効な治療法はなく、中
枢神経は一度傷つくと回復しないといわれ、一生ハンディキャップを背負って生きていかなければなら
ず、その後のケアに関わる医療費や社会保障費が掛かる面からも社会的問題になっています。こうし
た脊髄損傷などの治療に最近では自家幹細胞投与による治療法が注目されています。
骨髄由来間葉系幹細胞を患者に投与し、傷ついた脊髄の神経を再生させる治療法の実用化に向けた
国内の研究が注目されており、将来的には慢性期の患者や、さまざまな神経疾患の治療に応用範囲を
広げられると期待されています。

【現在、治療や研究が行われている機関】
◆ 札幌医科大学  ◆ 広島大学  ◆ 関西医科大学
◆ 大阪大学  ◆ ジェロン社( アメリカ)  ◆ 聖マリアンナ医科大学
◆ 名古屋大学(歯髄由来)  ◆ 京都府立医科大学

【札幌医科大学の症例】
脊髄損傷の患者(損傷から14日以内で、脊髄のうち主に首の部分を損傷した20歳以上65歳未満の患
者)を対象に、患者本人の骨髄から採取した幹細胞を培養し、患者の静脈に投与して脊髄の神経細胞
を再生させる治療法の効果や安全性を確かめる臨床試験(治験)が行われています。
幹細胞には、体の損傷部分に集まるという性質(ホーミング効果)があり、幹細胞が脊髄の損傷部分に
達すると幹細胞から神経を回復・保護したり、炎症を抑えたりするなどの様々なファクター(成長因子)
が分泌されます。それらが放出されると急性期の脊髄損傷を食い止める、あるいは回復させるという効
果が確認されており、さらには幹細胞そのものが数週間後に神経に分化して再生すると考えられていま
す。
動物実験では、歩行できなくなった個体が再び歩行できるようになるなどの治療効果が確認されており、
臨床試験でも神経が再生され手足が動かせるようになると期待されています。2016年10月までに30人
を目標に、現在も臨床試験は進められています。

发表评论

此站点使用Akismet来减少垃圾评论。了解我们如何处理您的评论数据